庭のホテル

JP / EN

  • アイコン

    宿泊予約

  • アイコン

    レストラン予約

  • こちらからご予約の方にはホテル内で使えるお得なクーポンをプレゼント!

    • 飛行機+宿泊のご予約フォームに自動遷移しない場合はこちらをクリックしてください。

庭のホテルに
ついて

  1. ホーム
  2. 庭のホテルについて
  3. ホテルの歴史

歴史の始まりは
日本旅館。

庭のホテルのルーツは、旧神田区三崎町で1935年に創業した日本旅館「森田館」にあります。
古書店街として知られる神保町や出版関係の会社が近くにあったことから、地方から古い文献を求め訪れる大学教授や、出張者の定宿として利用され、1964年の東京オリンピックの際には外国選手団の家族の宿にもなりました。
現在の「庭のホテル」の代名詞である中庭は「森田館」の時代から宿の中心にあり、駅前旅館として栄えた「森田館」でしたが、1973年高度成長期のニーズを受け旅館からビジネスホテルへと生まれ変わります。
当時、ビジネスホテルという業態のホテルはまだ数少なく、業界の先駆けとして話題となりました。